LINE新公式アカウント×M-TALK

現在LINEのビジネスカウントは、4種類あります。
2018年12月以降4つのアカウントを統合したサービスアカウントとなり、わかりやすく、より自由に機能をご利用頂けるようになります。

LINE公式アカウントが安く!変わる!

利用しやすいシンプルな価格設定及び月額利用料を大幅に変更!




無料メッセージ通数

追加メッセージ従量課金

CSオプションサービス
(現カスコネ)

フリープラン

無料

1,000通

不可


(申込可能)

ライトプラン

5,000円

15,000

5円 / 


(申込可能)

スタンダードプラン

15,000円

45,000

~3円 / 
(従量課金テーブル)


(申込可能)

既存LINE公式アカウントとの変更点

・友達数、プランに応じて機能差はなく、メッセージの配信通数に応じた従量課金プランです。
・配信メッセージ単価は、一斉配信、セグメント配信、API経由でのメッセージ配信のいずれにも関わらず一律料金です。
・タイムライン投稿は無料に変更いたします。

従来のややこしかったプラン・料金体系をわかりやすく、使いやすく一新!



アカウント

無料トライアル

プロジェクト

LINE公式アカウント

250万〜

月額

一斉配信のみ
オールターゲット商材向け

スポンサードスタンプ

新規顧客獲得などに向いている

LINEビジネスコネクト

200万〜

月額
※利用するツールやシステムによる

各機能のAPIを提供している。

ユーザーを特定しての配信が可能

データベース連携なども可能
(CRMとしての利用も可能)

LINE@

0円

月額

一斉配信のみ
オールターゲット商材向け

公式アカウントと比較すると安価

スポンサードスタンプ利用不可、ユーザ数10万人まで等、機制制限

LINEカスタマーコネクト

25万円

月額

有人チャット、ボットを使った無人対応、LINE

電話のセンター着信などコンタクトセンター向けの機能を有す。※逆にプッシュ機能がない


導入によって得られるメリット

ユーザー満足度の向上

いつでも・どこでも・すぐに・無料でつながるカスタマーセンターを実現。ユーザー満足度を向上させます。

すぐに答えが手に入る

電話をチャットに置き換えると大幅に効率が改善します。さらにFAQベースの自動返信で問い合わせ自体を削減します。

ユーザーの待ち時間が減る

ユーザーは待ち時間が減り、カスタマーセンターは効率改善できる、みんながうれしいソリューションです。

コストパフォーマンスの向上

LINEのアプリを使った通話によるコストの節減と電話問い合わせ件数の減少によりスタッフの負荷を軽減できます。

導入の流れ

新公式アカウントに伴い、個人でのお申し込みはできなくなります。
面倒な手続きはアルファコムにおまかせください。

LINE社

アルファコム
お客様へのご提案

実施内容についてのご相談

テスト開発環境・アカウントの開設

テストアカウント発行申請書のご提出
要件定義

実施決定

導入のお申し込みや、ご質問などお気軽にどうぞ

お問い合わせはこちら